ほどほどがイイ

あやうく一生懸命生きるとこだったょ.

遺伝カウンセリングを受ける前に予習しよう!2:個体発生について

こんにちは。

 

今日も各地雨ですね。

凄く寒いですし、皆さん体調管理をしっかりして、毎日仕事頑張りましょうね。

 

 

昨日だけで約40アクセスがありました。

まじで興奮しました。

本当にありがとうございます!

ただ、今日は1アクセスでした。

 

1アクセス頂きましてありがとうございます!涙

 

にしても、継続して読んでいただけていないということなんでしょうか。

というより、ニッチな内容すぎて、興味がないのかな、、

有り得る。

 

とにかく記事を書こう。

遺伝カウンセリングを受けた方のインタビュー記事や患者会の方の応援記事・写真なども載せていきたいな~

 

皆さん伺いますので私を呼んでいただけないでしょうか?

 

f:id:kona-kona1206:20171017144605j:plain

 

さて、今回は個体発生

です。

 

遺伝カウンセリングを受けられる前に少しでも、遺伝や遺伝子、ヒトの生物学を知っていただけることで、情報パンク状態にならない!質問を準備していける!重要な点を聞き逃さない!などのメリットがあるのではと思いシリーズ化して書いていこうとしております。

 

そのシリーズ2です!

 

個体発生と聞いても、、、  

だと思います。

 

もともと人はどのように生まれてくるかは皆さんご存知だと思います。

精子卵子が受精し、受精卵が細胞分裂を繰り返し、身体ができていきます。

 

まさにその通りであります。

そのように個体発生のしていく中で

遺伝学的に重要だと思うポイントをいくつかあげます!

 

  • 精子卵子はそれぞれでも持っている遺伝情報は違う
  • ②受精した精子卵子の情報は全身に共通する
  • ③受精卵が細胞分裂を行う最初の方で変化が起こると、身体の多くの細胞が変化を持った細胞となる

 

この3つは知っておいても損はないかなと思います。

 

絵を見ながら説明していきましょう。

 

f:id:kona-kona1206:20171017153949j:plain

まず、

  • 精子卵子はそれぞれでも持っている遺伝情報は違う

ですが、これは書いたママなんですが、一つとして同じ情報を持った精子卵子はないということです。

なので、どのような遺伝情報を持った精子卵子が受精するかは無限に近いランダムと言っても過言ではありません。

勿論、お父さんの情報が半分(精子)・お母さんの情報が半分(卵子)

が合体して、子どもの情報となります。

 

  • ②受精した精子卵子の情報は全身に共通する

 

これは上の絵を見てもらったら分かると思うんですが、一つの受精卵から始まって、細胞分裂を繰り返し、大きな身体になっていきます。

 

なので、全身どの細胞を取ってきても、同じ情報です!(基本的には)

よく犯人特定のために髪の毛や血液などを調査してますよね。

全身どの細胞も同じ情報を持ってるからですね。

 

  • ③受精卵が細胞分裂を行う最初の方で変化が起こると、身体の多くの細胞が変化を持った細胞となる

 

 

もし、初めから精子もしくは卵子自体に変化があれば、全身の細胞に同じ変化のある細胞が行きわたります。この変化が病気に関係するかどうかはどこにどのような変化が起こるかによって様々で、一概に言えませんし、予想もできません。

 

もし、細胞分裂の途中で変化が入ってしまうと、そこからの分裂した細胞は変化を持った細胞が増えていくことになりますね。

どの段階でどのような変化が起こるかはわかりませんし、予想できません。

このようなこともあるんだよということを覚えていただければなと思います。

 

少し難しいですね。

 

これぐらいにしておこうと思います。

 

 

もし皆さんが読者になっていただけたり、☆マーク(いいね)を下さると

今後の励みになります。よろしくお願いします|д゚)

 

 

みんな違ってみんないい。を。

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございます(^^)/