ほどほどがイイ

あやうく一生懸命生きるとこだったょ.

今更だけどアンジェリーナ効果とは:予防的乳房卵巣切除術

こんにちは、

 

皆さま台風の影響は大丈夫でしょうか。

 

私は近くの川が氾濫し、

道路が冠水するなど

なかなかひやひやする一晩を過ごしておりました。

 

 

 

さて、今回は少しコラム的な感じで。

 

「アンジェリーナ効果」という言葉をお聞きしたことはございますか?

 

 

有名なので、皆さん概要は知っていると思います。

 

2013年ごろ、アンジェリーナジョリーが、予防的に両側乳房・卵巣を切除したと報告致しました。

 

 

このニュースは世界中で報道され、衝撃を与えました。

 

 

母も、また祖母も、乳がんに罹患していたということで、

遺伝学的検査を受け、

現在分かっている、乳がん卵巣がんの原因遺伝子となる

BRCA1とBRCA2(びーあーるしーえーワン/ツ―)に変異があるか検査したところ、

変異があることが分かり、

将来の乳がん卵巣がんを罹患する可能性が一般の可能性よりも高いと

分かりました。

これらの遺伝子に変異が見つかっても、絶対に罹患するとは言えないです、

勿論、可能性は上がりますが、罹患せず一生を過ごされた方もいます。

 

 

 

ただ、アンジーは予防的に切除するという

選択

をされました。

 

この選択を

支援するのが遺伝カウンセラーだと思っています。

 

 

f:id:kona-kona1206:20171023120152j:plain

検査を受ける利点として

・予防的な対策を立てることができる(例えば、乳房を取る、検診により慎重に行くようにするなど)

・心構えができる

・病院や主治医から、がんの可能性の高いヒトとして認識された状態で、診てもらえる

などですか、、でも人それぞれ利点と思うことは違いますね。

 

逆に、

・より不安が増す

・遺伝の事が気になり気分が落ち込む

・保険に入りにくくなる

などのことも考えられるので、簡単に検査を受けて調べることが良いのかどうかは一概には言えませんね。

 

 

ただし、

乳がん卵巣がん

アンジーが受けたように、予防的に取っておくことができる臓器になります。

ホルモンバランスが少し崩れるような副作用もあるかもしれませんが、

特に卵巣がんは見つけることが難しく、かつ見つかったときには非常に進んでいたということが有り得ます、

なので、事前に切除しておくことは、

命と比べると、非常に有効な手段かもしれません。

ただし、これも個人の状況や考え方にもよりますし、

 

日本ではまだ保険適応ではないので、

病院によって違いますが

80万から100万ほどはかかると言われています。

 

私含め、お金がないヒトはどうすればいいのでしょうか。

 

ちなみにBRCAの遺伝学的検査は遺伝子科のようなところがある

大きな病院では、遺伝カウンセリング後に受けることができると思います。

話しを聞いて、受けるかどうかはCLさんしだいになりますが。

 

検査を受けるのにも25万円ほどかかります。

 

 

最後になりましたが、

BRCA1もしくはBRCA2に変異が見つかると、

HBOC(遺伝性乳がん卵巣がん症候群)と名前が付きます。

逆に言うと、

HBOCはBRCA1もしくはBRCA2のどちらかに変異がある状態ということになります。

 

別にがんを発症していなくても

この遺伝子に変異があれば、このように言われます。

 これは、

差別や偏見に繋がらないでしょうか。

心配です、

 

 

このように、

事前に自分の遺伝子を見て、

将来の予測を立て

事前に対策をする

 

この流れ、最先端である流れを実際に世界的有名人が実施し、

それを公表したということで

有名になりました。

 

 どうでしょうか?

 

概要はお分かりになりましたか?

 

今でさえ、

一般の方々はあまり知らないし、

遺伝子検査なんてしないよ

と思われているかもしれません。

 

ただ、携帯もそうだったように、

10年あればスマートフォンができました

 

遺伝子検査は10年あれば、どうなるでしょうか。

 

遺伝子の傾向に応じて

習い事を選択したり、

得意な科目を選ぶ、仕事を選ぶ、

恋人を選ぶ、

 

子どもを選ぶ

 

時代が来るんでしょうか?

SFちっくですが、目の前にそのような時代が迫ってきています。

 

これは、

「選択肢」

が増えているんでしょうか。

 

 

 

みんな違ってみんないいを。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。(^^)/