ほどほどがイイ

あやうく一生懸命生きるとこだったょ.

がんゲノム医療コーディネーター(CGMC)について

こんにちは、

 

そろそろ本気で勉強していかないとヤバイです。

遺伝カウンセラー試験は本当に難しいので、毎日コツコツと頑張ります!

 

 

それにしても、お盆はヒトだらけですね、

すごい人です。

この人波をみていて、いつも思うんですが、この人達にそれぞれに家族がいて、

まったく違う人生を歩んで、出会う事のない人たちで、それぞれが働いているからこの社会は成り立っていて、世界には60億ぐらいの人がいて、

何だか不思議だなぁと。

80年たらずしか生きないのに、目の前の小さなことばかり気にして生きていて、

いつも何かに意味を見出そうと必死で

何だか不思議だなと思います。

 

f:id:kona-kona1206:20180813182032j:plain

 

 

さて、今日はがんゲノム医療コーディネーターについてです。

 

遺伝関連には複数の資格や働いている方がいらっしゃいます。

 

・家族性腫瘍カウンセラー

・バイオインフォマティシャン

・認定遺伝カウンセラー

・遺伝看護専門看護師

・がんゲノム医療コーディネーター

 

沢山の方が関わっているのですが、

働きかたや、働く場所だったり、いろいろ曖昧なことも多いです。

 

そんな中で、がんゲノム医療が始まろうとしていて、(詳細は以前の記事で確認してもらえれば)来年にも保険収載されようとしています。

 

がんゲノム医療は基本的にはがんゲノム医療拠点病院か連係病院で実施されますが、そこで関わっている医師が対象となる患者さんを拾い上げ、治療薬の選択肢を広げるために実施されますが、その説明は非常に難しく、提案時期も非常に難しい判断が必要になると思います。

 

そんな時に、がんゲノム医療についての説明を補助的にサポートする役割としてがんゲノム医療コーディネーター(CGMC)が養成されています。

基本的にはコメディカルで看護師・臨床検査技師・薬剤師などのがん医療に携わられている方が対象です。

特別な資格ではなく、

研修会で2日間の研修を受けることで、CGMCとして認められるようです。

遺伝カウンセラーとはまた違い、がんゲノム医療が増えていく中で、患者さんと医師との間を取り持ち、他の診療科やがんゲノム医療を患者さんが自立した意志決定のもとで受けていただけるようにサポートする役目です。

 

時には遺伝カウンセラーと協働したり、医師とともに情報共有し、コーディネートしていく事が求められています。

 

先日、このがんゲノム医療コーディネーターの研修会を受けてきました。

 

私がいている病院は比較的大きな病院なので、がん医療に携わられている看護師さんとか他に受けたい方いらっしゃると思うんですが、

応募がなかったため、私がいくことになりました。

 

 

あまり気が進みませんでしたが、

行ってみて、良かったというのが正直な感想です。

 

約200人ぐらいのコメディカルの方が全国からいらっしゃり、東京で研修を受けたのですが、やはり臨床で直接関わられている看護師さんの視点や、

がんの種類やステージによって薬の選択や治験にも詳しい薬剤師さんの視点

標本の保存期間や検査を受けることができるのか対象となるのかを考え、検査視点で考えることのできる臨床検査技師さん

皆さんの考え方や視点を聞けたり、話し合えて本当にためになりました。

 

CGMCの方がどのように動くのかや、これから始まるがんゲノム医療について改めて学び直せたのは、非常にありがたい場でした。

 

 

皆さんの病院でもCGMCさんがいらっしゃるかもしれませんので、

もしがんゲノム医療について気になる方は、探して聞いてみるのもアリかもしれませんね。

 

 

誤解を招きたくないのは、対象となる患者さんは本当に限られているということ、

何もかも解決するような伝家の宝刀ではない。

むしろ、遺伝子を調べたところで、何も見つからないこともあり、生殖細胞系列の遺伝子の変化が見つかる可能性もあること(血縁者に関わってくる)、非常に高額であることなど、沢山の条件があることは理解しておいてくださいね。

 

f:id:kona-kona1206:20180813182330j:plain

話は変わりますが、

私はNHKでよくみている番組があります、

「バリバラ」って知ってますか?

バリアフリーバラエティーって番組で、いつも「障がい者」や「社会的マイノリティー」の立場である人やそのように考えられている人の生活に則したテーマで番組が成り立っているのですが、

その番組を見て

「健常者」が障がいを持つかたと生活を共にするための視点やアイデア、考えを整理させてもらっています。

 

その番組で寝たきり芸人の、「あそどっぐ」さんが、まじで色んなことに挑戦しようとしてる姿がとてもかっこよかったです。

その番組内では、「障がいを持つかた4人でキャンプしよう」と挑戦され、

やる前は不安が大きなかで、終わった後には、「楽しかったなー」「やれるんだという自信になった」ととても前向きに語っておられました。

 

いつも番組に勇気と「私も挑戦!」という刺激をもらっています。

 

障がい者の方の「実際」を取り上げてくださるので、とても参考になっています。興味があれば見て見てくださいね!

 

 

 

関係ないですが、少し体調を崩しております、、

頑張ります!

 

最後まで読んでくださりありがとうございます(´◡`๑)