ほどほどがイイ

あやうく一生懸命生きるとこだったょ.

自分に向けたメモ:看護師自己啓発

こんにちは。

 

暑い、、

それにしても暑い。。

 

皆さん、ちゃんと水分と塩分取りましょうね。

体調崩されたりしていませんか?

 

 

私は、男梅の梅シートって知っていますか?

あれが好きで、よくあれを食べています。あれ良い具合の塩加減なんですよね、、

中毒性がありますが、どこかでかけるときはあれで塩分補給しています。

 

 

 

先週は川にデイキャンプに行ってきました。

埼玉の方です。

暑すぎました、、暑すぎましたが、カレーを作り、ステーキを焼いて、川につかって。

夏らしいことをしました。

皆さんもフェスやキャンプ、海に行ったり、夏らしいことはしていますか?平成最後の夏ですよ!!最後だからと何も変わりませんが。。

f:id:kona-kona1206:20180828103633j:plain

 

勉強しろよ、、という声が聞こえてきそうですが。

 

 

 

さて、今回はそんな勉強のために、自分のモチベーションを保つために、自分に当てたメモを載せたいと思います。

医療従事者の方では、このような自己啓発的な考えを受け付けなかったり、あんまり興味が無い方もおられると思いますが、

私自身は、看護師だからとか、会社経営してるわけでもないんだからとか批判はあるかもしれませんが、そんなこと関係なく、生きている限り自分の目標は持ち進んでいきたいとおもっています

注:興味が無ければ、読まれない方が良いかもしれません。

今、行き詰っていたり、前向きに頑張りたいと思っている方の何かの助けや気づきになればなと思って載せています。

自分が偉いわけでも、成功しているわけでもありません。自分へ気合を入れるために書いているメモを抜粋しただけです。。

 

 

自分メモ

夢を叶える象に書いてあること

結局は頑張る!ということを言っているだけ

そこで、頑張るとは。

頑張り続けるということが難しい。

 

 

 

頑張れる人と頑張れない人

がいて、

頑張れない人は、今の生活に満足しているところがある。

現状を変えるほどのモチベーションや価値を見出していないから頑張れないということ。

ダイエットだってそう、明日から頑張ろうと思い、

今の欲に勝てない人は明日もきっと勝てない

欲は縛り付ければ、その分反発するので、結局勝てない

欲には勝とうとするのではなく、

まずは自分を作り、知ることから始めないといけない。

頑張るために

行動の仕方を学ぶ→行動する→より効率的な行動手法を学ぶという三段階があると考えるが、

その前には、

まずは自分と向き合うという時間が絶対必要で、

自分がなぜ、いまその行動をするのか、なぜ欲があるのか、どこに向かって、そのような行動をしようとしているのか

自分と向き合い整理できてた上で、やり始めないと必ず頑張ることはできない

頑張る中にも、2パターンあり、努力派と習慣派

努力は決意や決心・一時の感情で頑張ることができるもので

習慣は継続するためにマネジメント・理由がいる

 

どちらでも、自分に合った頑張る方法を取ればいい

また、

環境が整わないと始めれないという人が必ずいる。

 

お金がそろったら、この教材があれば、ランニングシューズを手に入れたら、、

など、真面目な人ほど、環境を整えてから始めようとする。

 

環境が整うのを待っていたら、その環境が整う頃には、また別の理由で整わない状況ができてしまう。

 

多少、まあ何とかなるやろ、、と始めて見ない事には、環境が整うことを待っていては、今向き合っている気持ちも冷めていってしまう。

 

「今」を圧倒的に見ていない。

先のことや、過去のことばかり見ていて、今この瞬間を見ていない。過去は変えれないし、未来も夢見ることしかできない。

変えることができるのは、「今」この一瞬一瞬だけ。この今を変えずに、将来が変わることなんてない。

いつか自分はこんな風になっていたいと思うのであれば、今と向き合って、自分と向き合っていくしかない

過去に捉われたり、今に満足して、生きている限り、これからの未来も過去の延長線でしかない

 

基本を忠実に。

焦る人や、成長したい・成功したい、夢を叶えたいと強く思う人ほど、

より早く歩ける方法を探すし、より早く走れる靴ばかり探す、

だから、自己啓発本を買いあさるし、いい物品を揃えたり、高い高い商材やセミナーにお金をかける。

人生には、エレベータのようなものは無いし、空を飛べる羽根は生えてない。

歩くしかない。

焦る人は、焦らなくていい。

ちゃんと、まずは、自分がどれくらいのHPを持っているのか

どのような武器があるのか整理して、基本を忠実にこなすべき。

 

基本ができていない人が、足のどこにボールを当てるとどのようにボールが動き、どのように飛ぶのか、理解しているはずがない。

いきなりゴールを決めることができるはずがない。

 

f:id:kona-kona1206:20180828102714j:plain

焦る人は、負けることを怖がる。

確かに負けることや人に笑われることは怖いし、自分に対して悲しい気持ちになる

 

でも、将来、今は、

なりたい自分になることができる道を歩いている道中で、修行中で、負けることはあってもいい。

負けていい負けもあるということを感じておくことが大切。

道中であれば、予想外のことは起きる。

それは予想外のことであって、その数回の予想外のことで、負けたって良い。

残りの90%はゆっくりでも勝ちながら進むことができるんだから。

そして、予想外のことにイチイチ全力で対応し対策を練る必要はない。

予想外はいつだって、同じことは殆ど起こらない。

予想外に対して、対策を練っても、2-3%勝つ確率が上がるだけ。

それは、基本が完璧になって、95%勝てるようになった人が、その対策をしていく

まだまだ、基本に忠実に。

真面目なので、焦る気持ちも分かる。

周りは、色濃く、隣の芝は青く見えるだろう。

ただ、自分に向き合って、自分を信じて、

将来、自分の描きたい未来があるなら、

「今」に向き合ってみよう。

役割に捉われるな

自分が今の仕事をしている中で、会社の中や、社会の中で、役割を担っているという錯覚をしてはいけない。

私はこのような立場だからとか、このような職種だからとか、役割を当てはめて、そこでその役割があたかも自分にしかできないものだと当てはめているだけである。

演じているだけである。何をしたっていい。

役割なんかもともと無いんだから。

 

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/