ほどほどがイイ

あやうく一生懸命生きるとこだったょ.

看護師の端くれが遺伝カウンセラーに挑戦するまで

こんにちは。

 

優秀なナースっていっぱいいるよね。

 

確かに、僕もあこがれました。

 

「診療看護師」「特定看護師」「NP」

 

ただ、病院だけで働くイメージがどうしてもつかず、、

 

かっこいいなーとあこがれだけ。学生のころは本気だった。

人生をかけて何かを伝えたい。今、日本人が見て見ぬふりをしている状況を、変えたい。

幸せって?医療のあるべき姿って?とか考え出したのも学生のころ。

 

 

f:id:kona-kona1206:20171012103921j:plain

 

OPE室で2年ほど働いただけの、看護師もどき。

 

 

ある日、いつもの通り術前訪問。

 

P「私のがんはお父さんと同じ。これって、息子にも引き継ぐんですか。」

K「!?!?。。どどうでしょか。。やっぱり心配になりますよね、手術が終わって、落ち着いて来たら一度先生にも聞いてましょうか。」

 

分からない、、どう答えれば良かったのか。

ってか、よくよく考えたら癌って生きてきた環境にも影響されるよな、

遺伝はどれぐらい影響、、

 

 

分からないね。

 

親しい先生に聞いてみよう!

K「先生、がんの遺伝について聞きたいんだけど。」

D「え、イデン?俺いでんは分からないな。ってか医師でも遺伝の事ちゃんと理解してる人いるのかな。」

 

 

!?!?まじか。

 

医師もあんまりなのか。

 

じゃあ看護師がわかるわけねー!!

だれに聞けばいいんだ?

 

と、調べるうちに今の自分にたどり着いてしまった。

 

ちなみに、

臨床遺伝学で習う内容で、癌の特徴を

  • がんは遺伝子の病気である
  • 環境要因・遺伝要因にも作用される
  • 変化のある遺伝子を引き継いだからと言って、必ず癌を発症するわけではない
  • 遺伝性(家族性)腫瘍の遺伝子が様々な癌で分かり始めている
  • その中で確認できる遺伝子も現在増えてきている
  • 全てが遺伝性のがんというわけではない
  • ただし、自分が将来なりやすい特徴というか変化を持っていると分かると、早期発見・早期治療に結び付けることができる
  • 遺伝情報は家族にも関わり、決して安易に扱うべきではない

 

上記のようなことを遺伝カウンセラーが相談に乗れるし情報提供も行う。

私も寄り添った相談ができるようになりたい。

f:id:kona-kona1206:20171011164317j:plain

富士山下山時

 

よし、初めてのブログはこれぐらいにしよう

 

今回のまとめ

  • 医療従事者でも遺伝はまだまだ
  • がんは遺伝子の病気
  • 全てのがんが遺伝性ではない。遺伝性だと分かってきているものもある段階

 

[これから]

 

イデンってやっぱり偏見や誤解が多い

確かに遺伝性の病気と聞くと、怖いイメージが強いかもしれない

でも、ちゃんと知ってほしいし、誰でも変化のある遺伝子は10個ほどは持っている。

みんな持ってるし、みんな違う。

私は違う。あなたはそう。という問題じゃない。

 

そんな思いで色んな疾患の方々の会に参加したり、学校に講義をしに行ったりしているので、そこでのみんなの笑顔・苦労・実際の生活の事や活動も

写真や言葉にしていけたらな。

 

みんな違ってみんないい。を。